アラフォー発達障害のブログ

発達障害の男のブログです ツイッター@998877665544a

新幹線殺人事件の犯人小島は発達障害。発達障害=犯罪者予備軍みたいな見方はされたくない

新幹線殺人事件。

 

犯人は22歳。

5歳の時に発達障害とされる。

中学で不登校、成績は優秀。

自立支援施設で6年過ごし、

20歳の時に働くが、仕事もできないし、

いじめ等の人間関係が辛いと辞める。

自殺願望があるというメモを残していたそうです。

 

 

学生時代成績が良かった点、仕事ができないという点と、

人間が関係がうまくいかないという3点が私とそっくりですね。

私の場合高校で不登校。働く能力がなくても、

上司の罵声に耐えて10年は仕事しましたが。 

 

 

 

 

人間関係も築けないし、仕事もできないと

自分のことが嫌いになり、生きる価値のない人間だと

思ってしまい死にたくなります。

 

 

でも、殺人はよくないですね。

そういう状況なら死にたくなるのはわかりますが、

他人を巻き込まず一人で死んでくれとおもいます。

 

私の場合は高校の時に自殺して薬の量が足りなかったのか失敗しました。

 

一昨日の朝日新聞で、秋葉原の大量殺人事件から10年。

との記事がありました。

加藤死刑囚も孤独に悩んでいたとのことです。

 

やはり、人間というものは孤独になるとおかしくなっちゃうんですかね。

小島の場合は、父からも縁を切られ、祖父母に養子縁組されたとか。

 

親から疎まれ、友達もできず、会社では(おそらく)

使えない人間と罵声を浴びせられイジメらていたのでしょう。

犯人の精神がいかれてしまうのも無理もないともいえます。

 

しかし、これで発達障害=犯罪者予備軍とマスコミが騒ぎ立てるのが怖いです。

 

私の場合、一年近く無職で人と会ってませんが、

 

人を殺したいとは思いませんからね。

 

うーん、難しいですね。

発達障害はコミュニケーション能力や、就労能力に問題があり、

一見すると健常者に見える為、

(目に見えてわかる障碍者なら最初から世間の扱いも違う)

なんでこんなことができないの?何年やってるんだ?と

私も上司や後輩から罵声を浴びせられる日々で、

最後には窓際ポジションに追い込まれて、鬱になり退職でした。

 

だから、当事者は苦しくなって自殺の道を選んだり、

今回のは稀なケースだと思いますが、暴走してしまう人もいる。

 

 

どうしたらいいんだろうね。アホな私には打開策は思いつかないです。